パト旅チャンネル

海外旅行の私的な備忘録ブログ。

バークレーのスタンダードフェア Standard Fare

\この記事が気に入ったらフォローしよう !/

バークレーにある人気のレストラン「スタンダード・フェア」でお昼ご飯を食べましたので、書き留めておきます。

目次


スタンダード・フェアとは

スタンダード・フェアはKelse Kerrさんが2014年にバークレー西部で始めたレストランです。

Kelse Kerrさんは、アメリカで最も予約を取れないと言われる「シェ・パニーズ」で20年間腕をふるっていました。 看板がオシャレ

オーガニックで地元産の、新鮮な季節の野菜をふんだんに使用した料理が特徴です。

また、オープンキッチンで調理していますので、調理過程を見ることができます。(窓辺のカウンター席は逆向きのため、振り返って見ることになります) The Kitchen 公式HPより

名店でバリバリ働いていた人が、本物の食材を使って料理を作っていますので、人気にならないはずがありません。お昼時には長蛇の列ができているようです。

行列はあるのか?

Oxbow Public Marketからは一時間弱で到着。お昼時を過ぎていたからか、行列はありませんでしたので、並ぶことなく入店できました。

お店の中はオープンキッチンが大半のスペースを占めており、座席は窓辺のカウンター席か、外のテラス席のどちらかになります。

テーブル、ある?

訪問した日は土曜日でしたので、サタデーブランチをいただきました。

注文したものを紹介!

ハーフサイズのサンドイッチと、サラダかスープを選択するセットメニューがあります。このセットが量的にもベストかと思われます。

Garden Lettuce Salad オーガニックガーデンで取れたレタスに、赤ワインのエシャロットヴィネグレットソースがかかっています。

レタス本来の食感・味わいが口の中に広がります。レタス食べてるぞーっと感じさせてくれる一品です。

Omnivore Sandwich サラダと同じく、オーガニックの野菜をお肉と一緒に自家製フォカッチャで挟んだ一品。

野菜とお肉の組み合わせが絶妙!

Vegetarian Sandwich サンドイッチがレタスに埋もれる程ボリューミーです。アメリカの食事はお肉中心なので、どうしても野菜不足になりがちですが、この一品で一気に野菜不足解消です。

味はもちろん、素材の味が完璧に引き出されていて大満足です。

本日のスープ 閉店間際に駆け込みましたので、メニューをきちんと読んでおらず、詳細がわからないまま出てきた一品。

週替わりで変わる季節の野菜を使ったスープを楽しめます。

今回のスープ、人参の味が駄目という人でも、スーッと口の中に入っていくと思います。

セラミックのお皿を使っていましたが、シェパニーズと同じヒースセラミックのお皿を使っているのでしょうか。

www.travelpato.com



コーヒー コーヒーをいただきました。メニューに詳しい説明があったのかどうか・・・

オーガニックのコーヒー豆であることは間違いないはずです。

新商品のキャロットケーキ

お店の前に看板が出ております。ぜひ試してみてね、とのことですがこの日は閉店30分前に駆け込みましたので、デザート系は断念しました。

隣のブラウニーも美味しそうです

お会計を済ませ、お店を出て程なく閉店となりました。

最後に

一流レストランで腕を磨いた人が地元のオーガニックの食材を使って、しかもお手軽な価格で楽しめるのは ここだけと言っていいかもしれません。

今回は閉店間際でバタバタしてしまいましたので、次回はゆっくりとランチを食べてみたいと思います。

以上、「バークレーのスタンダードフェア Standard Fare」をお届けしました。

パト旅チャンネル (@travelpato)





www.travelpato.com

www.travelpato.com

www.travelpato.com