パト旅チャンネル

海外旅行の私的な備忘録ブログ。

バークレー市内のシェパニーズを訪問

\この記事が気に入ったらフォローしよう !/

カリフォルニア大学バークレー校を訪問した後、バークレー市内を少し散策し、シェパニーズを訪れました。

目次


バークレーについて

バークレーはアメリカのカリフォルニア州アラメダ郡にある都市です。アメリカの州の名前はよく聞きますが、郡の名前はあまり聞かないような気がします。

人口は約10万人で、肥満や糖尿病を防ぐことを目的に炭酸飲料に課税する「ソーダ税」が2015年1月1日から導入されています。

今回は炭酸飲料を現地で飲まなかったのですが、お店でジュースを飲む時だけでなく、スーパーで買う場合にも課税されるのでしょうか。

街の雰囲気としては、大学周辺はやはり大学生が多くいますのでやはり活気があります。先に訪れたナパバレーは落ち着いた感じがしており、同じカリフォルニア州にある都市ですが、街の様子はまったく異なっています。

シェパニーズを訪問

先に訪れたスタンダードフェアのKelse kerrさんが10年程働いていた、アメリカでもっとも予約が取れない有名レストラン。

www.travelpato.com

地元産の有機栽培食材を用い、『カリフォルニア料理』と呼ばれる料理を創作したことで有名である。

Wikipediaより

今回は予約はしておりませんので、外観を拝むのみです。

先程まで訪れていたカリフォルニア大学バークレー校からは車で約5分程で到着です。

www.travelpato.com

ただし、こちらも空きの駐車スペースを近くで見つけることが出来ず、少し離れた所にようやく発見。

5分程歩いて、現地に到着しました。

都会にある、とある一軒家のような佇まい。

入り口や建物は少し奥まったところにあるので、中の様子等をうかがい知ることはできません。

ホームページによると、レストランはディナーのみ。こちらはフルコースの本格的なディナーでしょうか。

カフェはランチとディナーの二部制になっており、レストランよりも敷居の低そうな感じがします。

※個人の勝手な想像です😎

次回バークレー訪問時はランチに挑戦したいと思います。(ネット予約もできるようです)

Chez Panisse Restaurant | Restaurant & Café

ついでに周辺もチェック

シェパニーズのすぐ近くにクラシックなアメ車が停まっていました。カリフォルニアの太陽の下で運転すると気持ちいいでしょうね😙

日本では道も駐車場も狭い所が多いので、運転に苦労しそうです。

The Cheese Board Collective

シェパニーズの向かい側に「The Cheese Board Collective」というベーカリーがあります。

こちらでパンを買おうと目論んでいましたが、あえなく5時で閉店していました😂

同じThe Cheese Board Collectiveのピッツェリアが隣にありますが、上の写真に写っているように長蛇の列。皆さん特大のピザを美味しそうに食べていました。

地元ではおなじみの光景らしく、店内で生バンドも演奏しており、ジャジーな雰囲気が漂っていました。こちらのお店にも次回行ってみたいです😆

最後に

暗くなる前にサンフランシスコ市内に入るため、バークレー市内を散策する時間がほとんどなかったのが残念です。

みなさんもナパバレーからサンフランシスコに戻る際には、バークレーに立ち寄ってはいかがでしょうか。橋を渡る時(通行料)はゴールデンゲートブリッジとは違い、現金払いできます。

www.travelpato.com

以上、「バークレー市内でシェパニーズ探訪」をお届けしました。



パト旅チャンネル (@travelpato)