パト旅チャンネル

海外旅行の私的な備忘録ブログ。

ナパバレーの高級ワイナリー、オーパス・ワン

\この記事が気に入ったらフォローしよう !/

ナパバレーの高級ワイナリー、オーパス・ワンに行ってきました。

目次


オーパス・ワンとは

ワインが好きな人なら誰もが知っているであろう、有名ワイン。

オーパス・ワン・ワイナリーは、シャトー・ムートン・ロートシルトのフィリップ・ド・ロッチルト男爵 (Baron Philippe de Rothschild) とロバート・モンダヴィの間でカベルネ・ソーヴィニヨンに基づく一つのボルドー風のブレンドをつくる合弁事業として1978年に設立された。

wikipediaより

Opus One(オーパスワン)とは音楽用語で「作品番号1番」の意味だそうです。
オシャレですねー 😙

『一本のワインは交響曲、一杯のグラスワインはメロディのようなものだ』という考えからロスチャイルド男爵が命名したものである。

ロスチャイルド…😎

わたくしはワインに関してはド素人。カベルネ・ソーヴィニョンを、間違ってカルベネと言ってしまいそうなレベルです。島耕作でもありましたね😆

という訳で、本物の味がどのようなものかを詳細にレポートすることはできませぬ😷

よって今回は試飲はなしで、単なる訪問記になる事をご了承下さい。

オーパス・ワンに到着

オーパス・ワン・ワイナリーの周りには、葡萄畑が広がっています。 開放感があって気持ちいい😊

葡萄畑の間を通り抜け、到着。 心なしか、空気感が張り詰めているような気がします😅

荘厳な面持ちの正門。 気軽に入りにくい空気を醸し出していますね😁

外から様子を伺っていると・・・テラスで試飲している人を発見! うーん、絵になるなぁ😆

テイスティングおよびボトルの値段

テイスティングの値段は50〜60ドル😳🍷
値段が高いから尻込みしたわけではない、と言ってみる😎

オーパス・ワンのホームページでもボトルで購入することができます。

Opus One 2015 - 750 ml ボトル | $410

レストランで飲むと、もっとお高いんでしょうね😅

カリフォルニア産の3,000円位のワインでも十分美味しく感じるわたくしには、雲上ものといったところでしょうか。

でも、ここぞという機会に飲んでみたい😆🎉

最後に

ワイン好きの人には、ワイナリー巡りは聖地巡礼といったところでしょうか。

わたくしはそこまではロマンを持っておりませんので、ワイナリーとはなんぞや、とこの目で視察👓しに行ったレベルです。

数年後にジワジワと、あの時試飲しておけば〜😂と思うかもしれませんが、その時はまたナパバレーに再上陸すればいいですしね。

前回の旅行で気づかなかった新たな見どころを発見できたり、再訪することによって違う視点👀からの再発見があったりしますので、『旅行先を二度訪れる』ことがパト旅チャンネル的にはオススメです😆💡
といいつつ、未踏の地への好奇心もフツフツと湧いてきます😙

以上、『ナパバレーの高級ワイナリー、オーパス・ワン』をお届けしました。

〜おまけ〜
そういえば、昔オーパス・ワンに似た名前の清涼飲料水があったなぁ🤔
オーパス・ワン・・・
オーパスプラス・・・
オープラス😙💡

www.travelpato.com

www.travelpato.com

www.travelpato.com

www.travelpato.com