パト旅チャンネル

海外旅行の私的な備忘録ブログ。

アメリカの入国審査は厳しい?

\この記事が気に入ったらフォローしよう !/


アメリカの入国審査は厳しいというイメージ。以前行ったハワイでは難なく入国できましたが、今回はどうでしょうか。

目次


アメリカの入国審査は厳しい?

映画の影響かアメリカでの入国審査は厳しいようなイメージがあります。実際のところどうなのかでしょう🤔

大体は何を聞かれているのかわからない(ネイティブの発音が聞き取れない)、窓口の人がフレンドリーではないEUでの入国時はほとんど何も聞かれないのと大違い😅)のが原因でしょう。

聞かれることはほぼ決まっているので落ち着いて対応すれば問題ないと思います。

※入国審査官は入国の可否を判断する権限を持っています。『No』と言われれば入国できませんので、質問には正直に答えましょう。

ESTAでの入国が2回目ならAPC KIOSKを使えます

サンフランシスコから入国する際はAPCという機械を使うことができます。

パスポートが同じならESTAの期限が切れて再取得の場合でも、 APCを使えます。パスポートの期限が切れて更新した場合はどうなるのか、次回以降に要検証です。
(多分無理っぽい〜😎)

APC KIOSK (Automated Passport Control Kiosk, 自動入国審査端末) について
サンフランシスコでは以下の対象者は入国審査を行う際、
APC KIOSKを使用する事が可能です。

対象者
1.米国国籍の方
2.グリーンカードを所持されている方
3.B1,B2 VISAを所持されている方
4.ESTA取得後、米国入国が2回目以降の方
APC KIOSK 操作手順
画面の指示に従いパスポートの読み取り、指紋検査、写真撮影、税関申告に関する質問への回答を実施します。(言語選択で日本語が選択可能) ※APC KIOSKを使用する場合は税関申告書の記入は不要です。

JALHPより転載 https://www.jal.co.jp/inter/airport/sfo/info/


入国審査の流れ

飛行機から降機し、入国審査場に到着すると、機械が並んでいます。 20台位だったかしらん🤔

よく入国に1時間以上かかった、と聞くことがありますが、今回はほとんど並ぶ事がなかったのでラッキーでした。飛行機の到着が同時刻に集中すると時間がかかますね。

APCの機械の操作は、
1. ポチポチっと必要事項を入力 (日本語表示に変えることができます)
2. 入力が終わるとレシート状の紙が出てきます。
3. 審査官のいるブースへ。
4. いくつかの質問の後、写真撮影と指紋採取


指紋がなかなか認識されず、となりのブースに行くことになりましたが、無事通過しました。よく聞かれるのは、以下の点です。

質問項目

* 滞在目的、日数 
* 滞在ホテル名
* 仕事は何?お金はいくら持っている?
* どこに行くのか(どこを観光するか)
* アメリカに知り合いはいる?(今回は聞かれませんでしたが、たまに聞かれます)


無事に入国し、荷物を受け取って税関を通過後、レンタカーの受付に向かいます。レンタカー、無事に借りれるかしらん😌

https://www.ana.co.jp/ja/jp/international/departure/airport/map/sfo.html